スーパーコピー時計販売通販! 連絡先:tokeitop@163.com
スーパーコピー時計
HOME >> 最新情報
ブランドから探す
マガジン登録
最新情報
素材から見るコピー時計の進化 2016-12-13


  ブランド時計には様々な素材が使われています。プラスチック製、ゴム、ステンレス、鉄、セラミック素材、カーボン、ゴールド等々があります。金を除けば、先書かれた素材の全てはコピー時計に使用されています。本物の金メッキが施されているロレックスコピー腕時計を見た事はありますが、これは特例です。つまり、ここで使われている素材はコピーブランド時計にも全部使用しています。セラミックの色合いには差はあるみたいですが、そのほかは皆同じだと思って下さい。

  昔鋳物で作られているロレックス、オメガケースはありましたが、今ではB級にもステンレスが使用されています。コピーブランド品質の向上はまさに生産技術発展の賜物の一つです。本物と同じレベルの素材が使われているので、オリジナルブランド時計との差は加工の差にあります。つまり、この差は超えられる差であります。時計職人さんが本物と同じレベルの素材で丁寧に作れば、本物と同じレベルの物が完成するのであります。本物との最大の差は搭載しているムーブメントにあります。しかし、搭載しているムーブメントの差はコストの差だと考えて下さい。本物ブランド時計は安くでも何十万はします。その中に時間と手間のコストは大半を占めている。コストの原因でコピーブランド時計は本物に様に時間と手間を掛けられません。日々技術は進化し、搭載しているムーブメントが本物ブランド時計に勝る日が来る事は不可能ではありません。日本では法律の関係でコピーブランド時計を作る事は出来ませんが、日本の町工場コピーブランド時計を作れば、本物を超えてしまうかもしれません。