スーパーコピー時計販売通販! 連絡先:tokeitop@163.com
スーパーコピー時計
HOME >> 最新情報
ブランドから探す
マガジン登録
最新情報
高級ブランド時計、中古市場のウラ事情 2017-01-19

  ロレックス、オメガ、シャネル、エルメス、カルティエ、ルイヴィトン、ロンジンなど、ブランド時計はだれしも、一つくらい持ってみたいと思うものだろう。当店のスーパーコピーでも十分だと思います。コピーブランドを買わなくてもそんな憧れのブランド時計、中古ならかなり手が届きそうな価格になる。例えば、かの「007」も使っていたとされる、ロレックスのオイスターパペチュアル・デイトジャストは、定価では70万円前後(ピラミツドローマ、ステンレス+18Kイエローゴールドモデルの場合)と、ちょっと手が出ない金額だが、新品ロレックス専門店だと、53万円程度で販売されている。これが中古となると、税込み30万円という価格になるのだ。もちろん新品には10年以上の保証と3年の保険が付いているが、中古は中古店の1年保証しか付いていない。また、中古品は、傷や腐食などのレベルによって価格も変わるが、それにしても、半額以下になるという落差がすごい。同じくロレックスで、文字盤にダイヤが10個埋め込まれている定価90万円近いタィプが、中古では税込みで40万円程度で出回っている。仕入れ原価はとなると「半額以下」ということだろう。原価率は、25-30%程度ともいわれている。このクラスになると、資産としての価値が付いてくるので、かなり魅力があるのではないだろう。もともと金やダイヤがあしらわれた高級ブランド時計は、欧州の貴族が、緊急時にお金の代わりに使う目的で作らせたものだった。政変や革命などが起こって、急に他国に亡命しなければならないような場合に、身近な金やダイヤを身に付けて国外に持ち出すためのものだったのだ。現代でも、資産価値のある時計や宝飾品ならば、いざとい、つときに換金して、そのピンチをなんとかしのぐという目的に活用できる。


  売却を考えて中古時計を買う場合に、注意しなければならないポイントがある。まず、箱や付属品、保証書など、入手したときについていたものは、すべてそのまま保管しておくこと。時計のオーバーホールの明細なども一緒に付けると、状態がよいという証明にもなる。売却時は、リサイクルショップなどより、時計に詳しい質屋などのほうが高く買い取ってくれる。