スーパーコピー時計販売通販! 連絡先:tokeitop@163.com
スーパーコピー時計
HOME >> 最新情報
ブランドから探す
マガジン登録
最新情報
コピーブランド時計を極める前に時計の歴史を勉強しよう 2017-02-08

  コピーブランド時計がブームになったのはここ1020年の事です。コピーブランド時計のルーツとなるものを探っていく。


  時計はもともと日時計がその始まりであったと想像されています。しかし、時計という機器を発明する以前にも、人類はその生活の必要から、一日の長さや一年の長さを体で覚えていたでしょう。また生理的な周期が、地球を含めた天体の運行と同調していたとも考えられまた。そして人類はやがて、太陽の規則的な連行から1日という概念を、また成果や開花あるいは耕作物の収穫かり年という概念を、さらに月の満ち欠けや潮の干満から月という概念をもつに至ったと考えられます。


  おそらくもともとは太陽を仰いでその位置を確認していたと思われますが、やがて人類はその影の長さで太陽の位置を測ることを思いつき、日影棒を発明しました。これは日のうちでどのくらい太陽が傾いたかを影の長さで計る日時計でした。これはコピーブランド時計の祖先にあたる存在です。実際は一月と七月とでは一日の長さは異なり、相刻的な時間の長さを計ることはできませんでした。また測る場所によっても想理が出てしまいます。そしてやがて日影棒は、文字板を備えるようになり、今度は影の長さではなく、影と地球の軸とがなす角度を測るようになりました。これが紀元前五世紀ころのことでした。しかし日時計だけでは、曇りの日や夜に時刻を知ることはできません。そこでしたときのために水時計が発明されました。ある水時計は、底に穴を開けた器に水を注いだものです。注いだ水が穴から滴り流れると水面が下降し、器に刻んだ目盛りで時刻を知ることができました。これらはコピーブランド時計を含めたすべての時計のルールであります。