スーパーコピー時計販売通販! 連絡先:tokeitop@163.com
スーパーコピー時計
HOME >> 最新情報
ブランドから探す
マガジン登録
最新情報
コピーブランド時計の雑学日本に置けるブランド時計の歴史 2017-02-14

  日本人はコピーブランド時計を含めた時計の全般が大好きです。ブランド時計好きの習慣は江戸時代から続いているといっても過言ではないです。


  江戸時代の大名は挙って舶来品の機械式ブランド時計を愛用していました。その当時は使用したと言うのは飾り物として使っていた事のほうが適切であるかもしれません。


  大名時計の終わりを生み出した社会背景はまた、新しい時計工業を発展させることになりました。アメリカや欧州を模倣する明治政府は、「畠国強兵・殖産興業」のスローガンを掲げ、ブランド時計製作もその資本主義経済の中に組み込んだのでした。それらの時計製造はまず掛け時計に始まり、ついで置きブランド時計、そしてより小型の懐中時計へと移行しました。当時は、掛けブランド時計は工場で機械生産されたようですが、懐中時計は、舶来品を手本に、一個ずつ手作りで製作されたようです。つまり、その当時では日本でもスーパーコピーブランド時計を作っていた事になります。ただ、その当時ではスーパーコピーブランド時計に関する認識はなかったはずです。


  しかし明治も中期になると、精度の高い懐中ブランド時計も量産されるようになりました。服部金太郎によるセイコー(旧精工舎)の創業も一八九二(明治二十五)年のことです。日本は時計大国になる切り札が切り落とされたのであります。明治期には愛知時計製造株式会社、高野時計製造所、林時計製造所などが時計製造を始めました。有名な精工舎は、一九〇七(明治四〇)年にはその産になる十二型懐中時計「エキセレント」が、天皇陛下が帝大や学習院、陸・海軍大学の成績優秀な学生に贈る「恩胆の時計に採用されました。現在のスーパーコピーブランド時計には日本製のムーブメントが沢山使われています。それまでの恩胆の時計であったスイスのオメガなどと比肩するところまでその産業が成熟したと言えるでき事です。そしてやがて大正期にはシチズン時計(旧尚工全蒔計研究所)、隆工舎なども興り、時計産業はしだいに世界と同じステップで歩み始めました。